自己破産 会社

  • 自己破産時の差し押さえ禁止財産とは

    自己破産を行った場合、破産者が破産手続き開始時点に持つ家や土地、車(資産価値が20万円以上のものに限る)などを始めとする20万円以上の財産は原則破産財団とされ、換価処分されることになります(破産法34条1項)。しかし、破産者が持つ財産であってもいわゆる自由財産に該当する財産は破産財団に帰属せず処分されないとされて...

  • 自己破産しても年金は受けられるか

    このうち①公的年金と②企業年金については差押禁止債権となっており、たとえ自己破産を行ったとしても差し押さえられることはありません(国民年金法24条、厚生年金法41条)。これは、現時点で年金を受給している人へ支給される年金はもちろんのこと、今後年金を受け取る予定の人の年金受給権についても自己破産による差し押さえが禁...

  • 自己破産を弁護士に依頼するメリット

    自己破産を弁護士に依頼する最大のメリットは手続や準備の負担を大幅に軽減することができる点にあります。借金の返済に追われている状況で、自己破産の手続や書類の作成、裁判所への申立を行うのは容易なことではありません。弁護士に依頼することでこれらの煩雑な対応を自分でしなくて済むことになります。 また、専門家である弁護士に...

  • 法人破産とは

    都島法律事務所では、大阪市、守口市、門真市、大東市を中心に大阪府、兵庫県、滋賀県周辺における破産問題についてのご相談を承っております。 「会社が破産した場合どうなるのか」など、あらゆる疑問に対して破産問題に精通した弁護士が丁寧に対応いたします。破産問題でお困りの際は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 破産手続開始から免責許可決定までの期間と流れ

    自己破産した場合に免責までどのぐらいの期間が必要なのか」など、あらゆる疑問に対して破産問題に精通した弁護士が丁寧に対応いたします。破産問題でお困りの際は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 自己破産で免責許可が下りる条件とは

    自己破産で免責許可が下りる条件とは免責許可が認められるためには、①免責不許可事由がない場合②裁量免責といういずれかの条件を満たす必要があります。 ■①免責不許可事由がない場合免責不許可事由がなければ、免責許可が下りることになります。免責不許可事由はいくつかありますが、以下のようなものが例になります。 ・債権者を...

  • 自己破産のデメリット

    自己破産のデメリットはいくつかありますが、なかには重大なものも含まれることからしっかりと理解しておくことが重要になります。 一つ目に、一定期間新たな借金やクレジットカードの利用ができなくなることです。これは破産の事実が信用情報機関に登録されてしまうことによって生じます。 二つ目に、特定の職業に就けなくなります。

  • 自己破産のメリット

    自己破産の最大のメリットは、債務が免責されることにあります。つまり、借金などを支払う必要がなくなります。 また、自己破産をしたとしてもすべての財産を失うわけではなく、生活する上で必要な一定の財産が残ることになります。まず、破産者が破産手続開始決定後に得た給料等の新得財産は破産財団を構成しません。また、99万円以下...

  • 交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット

    任意保険基準は、各任意保険会社が設定している基準で、3種類の基準のうちで真ん中にあたりますが、自賠責保険基準とあまり変わらないというケースも少なくありません。弁護士基準は、弁護士会が用いている基準で、3種類の基準のうちで最も手厚い金額となっています。 慰謝料について弁護士に相談することで、弁護士基準で慰謝料額を計...

  • 示談交渉を行うためには

    「加害者側の保険会社から示談金の提示があったが、とても納得できるような金額ではなかった。どうにか反論したいが、どういった準備が必要なのだろうか。「初めての交通事故で、心身ともに疲弊している。とても示談交渉をすすめていけるような体調ではないが、どれくらい待ってもらえるのだろうか。自身が交通事故の被害に遭い、示談交渉...

  • 後遺障害認定と認定を受けるための方法

    事前認定とは、任意保険会社が認定申請の手続きの全てを行う方法です。被害者としては、手続きの手間が省けるというメリットがありますが、示談の成立が条件となっているため、不満が残る内容で示談を成立させてしまうケースも見受けられます。 被害者請求とは、被害者自身が認定申請の手続きの全てを行う方法です。被害者の手間はかかり...

  • 人身事故を起こしてしまったら

    保険会社にも事故後なるべく早い段階で連絡しておくのが良いと言えます。保険金を元に損害賠償していくことになると思われますが、保険会社への連絡を怠ると、保険金が下りない可能性もあります。 被害者へは誠実に対応していかなければなりませんが、直接面会して謝罪することで感情を逆なでする可能性もあるため慎重に対応し、過度な要...

  • 物損事故を起こしてしまった場合

    また、自分が加入している任意保険会社にも連絡を入れましょう。近年では、保険会社が電話口で現場での対応を指示するサービスを展開しているケースもあります。 任意保険会社への連絡を怠ると、保険金が下りずに自費で損害賠償をしなければならない可能性もあるので注意が必要です。 都島法律事務所では、大阪市都島区を拠点として、大...

  • 交通事故の問題解決を弁護士に依頼するメリット

    「交通事故の被害者になってしまったが、加入している任意保険会社が示談交渉も含めて行ってくれそうだ。それでも弁護士に相談する必要はあるだろうか。自身が交通事故の被害に遭われた際に、弁護士へのご相談について、こうしたお悩みをお持ちになられる方が数多くいらっしゃいます。 このページでは、交通事故にまつわるさまざまなキー...

  • 相続問題で弁護士ができること

    有価証券については、証券会社や信託銀行に確認して調査するのが有効です。 負の財産として主なものには、借金などがあります。こちらについては、契約書や郵便物(督促状等)を探して調べるのが良いでしょう。 ・相続放棄と限定承認相続放棄とは、相続人としての地位を放棄する旨の意思表示を行うことをいいます。これを行うことにより...

  • 大東市の自己破産に強い弁護士をお探しの方へ

    自己破産とは債務整理の一種で、債務の返済が困難になった人が裁判所に申立てを行い、承認を受けると、ほとんど全ての債務から免責される手続きのことをいいます。 債務整理の方法には自己破産以外にも任意整理や個人再生などといったものがありますが、自己破産と他の債務整理の大きな違いに、整理できる債務の額があげられます。例えば...

よく検索されるキーワード

都島法律事務所|大阪市

所在地
〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町1-1-22 イズミパートセブン 5階
電話番号
TEL:06-6958-4687