一人で悩まず諦める前に… まずはお気軽にご相談ください。

丁寧なヒアリングとコミュニケーションでご相談者様に寄り添いながら最善の道を追求します。

一人で悩まず諦める前に… まずはお気軽にご相談ください。

丁寧なヒアリングとコミュニケーションでご相談者様に寄り添いながら最善の道を追求します。

どのようなことでお悩みでしょうか。

破産

破産は自身の負債はもちろん、保証人となっていたために債務が発生してしまうケースなど、個人・法人問わず誰もが直面しうる法律問題です。ですが、いざ問題に直面した時に破産の仕組みや手続について正確な知識を持つ人はそう多くはありません。借金などに困った際は、専門家である弁護士に相談し適切に破産の制度を利用していくのが解決への近道です。

債務整理

多額の借金を抱えてしまい、月々の収入のほとんどが借金の返済に当てられ、生活をするのもままならないという状況に陥ってしまった場合、借金問題を法的に解決する手段として、「債務整理」があります。

債務整理をすれば、借金を減額・免除したり、月々の返済額を調整することで、これからの日常生活を無理なく送ることができます。

交通事故

日本では物損、人身、死亡事故を問わず、あらゆる場所や時間帯で交通事故が発生しており、私たちにとって非常に身近な法律トラブルの一種です。
事故に遭ってしまったら、自身の怪我の治療と並行して損害賠償請求などの複雑な手続きをいくつも踏まなければならず、心身ともに疲弊しています。弁護士は、そうした交通事故の当事者をサポートする、心強い味方です。

遺産・相続

相続とは、死亡した被相続人の財産を被相続人の意思に基づいて相続人である特定の者に承継させることをいいます。相続が開始されると被相続人の相続財産をどのように分割するかという遺産分割協議がなされることが多く、その場合親族同士の対立が起こり紛争に発展するケースが多くあります。弁護士からの法的助言を参考にすることもトラブル防止のための手段の一つとなっています。

成年後見

成年後見制度は、日常生活において判断能力が不充分な方に代わってその能力に応じて家庭裁判所から選定された保護者が本人の財産や権利を守る権利です。既に判断能力が低下した状態にある方を、規定された手続きを踏んで本人の権利を守る法定後見制度と、認知症などにより判断能力が低下した場合に備えて後見人を自ら選任する任意後見制度の2つがあります。

刑事事件

刑事事件に接する機会は少ない人の方が多いですが、刑事事件の被告人や被害者となってしまった場合には、他の裁判に比べて精神的な負担や疲労が大きいです。多くの場合、弁護士は刑事事件の加害者となってしまった方の弁護活動を通して少しでもこのような負担を解消し、真実解明のために努めます。また、刑事事件専門の弁護士に相談することで、適切な弁護を行ってもらうことが期待できます。刑事事件にお困りの方は一度弁護士に相談されることをおすすめします。

その他法律相談

「お金を貸したのに返してくれない」「不動産契約をしたが高額の仲介手数料を払えと言われて困っている」
法律問題を個人での解決を試みると余計に拗れてしまったり、不動産トラブルは購入金が多額なため、対応を間違えれば大きく損をしてしまう可能性もあります。当事者間の解決が難しい時は法の専門家である弁護士を頼ることも検討してみてはいかがでしょうか。

破産

破産は自身の負債はもちろん、保証人となっていたために債務が発生してしまうケースなど、個人・法人問わず誰もが直面しうる法律問題です。ですが、いざ問題に直面した時に破産の仕組みや手続について正確な知識を持つ人はそう多くはありません。借金などに困った際は、専門家である弁護士に相談し適切に破産の制度を利用していくのが解決への近道です。

債務整理

多額の借金を抱えてしまい、月々の収入のほとんどが借金の返済に当てられ、生活をするのもままならないという状況に陥ってしまった場合、借金問題を法的に解決する手段として、「債務整理」があります。

債務整理をすれば、借金を減額・免除したり、月々の返済額を調整することで、これからの日常生活を無理なく送ることができます。

交通事故

日本では物損、人身、死亡事故を問わず、あらゆる場所や時間帯で交通事故が発生しており、私たちにとって非常に身近な法律トラブルの一種です。
事故に遭ってしまったら、自身の怪我の治療と並行して損害賠償請求などの複雑な手続きをいくつも踏まなければならず、心身ともに疲弊しています。弁護士は、そうした交通事故の当事者をサポートする、心強い味方です。

遺産・相続

相続とは、死亡した被相続人の財産を被相続人の意思に基づいて相続人である特定の者に承継させることをいいます。相続が開始されると被相続人の相続財産をどのように分割するかという遺産分割協議がなされることが多く、その場合親族同士の対立が起こり紛争に発展するケースが多くあります。弁護士からの法的助言を参考にすることもトラブル防止のための手段の一つとなっています。

成年後見

成年後見制度は、日常生活において判断能力が不充分な方に代わってその能力に応じて家庭裁判所から選定された保護者が本人の財産や権利を守る権利です。既に判断能力が低下した状態にある方を、規定された手続きを踏んで本人の権利を守る法定後見制度と、認知症などにより判断能力が低下した場合に備えて後見人を自ら選任する任意後見制度の2つがあります。

刑事事件

刑事事件に接する機会は少ない人の方が多いですが、刑事事件の被告人や被害者となってしまった場合には、他の裁判に比べて精神的な負担や疲労が大きいです。多くの場合、弁護士は刑事事件の加害者となってしまった方の弁護活動を通して少しでもこのような負担を解消し、真実解明のために努めます。また、刑事事件専門の弁護士に相談することで、適切な弁護を行ってもらうことが期待できます。刑事事件にお困りの方は一度弁護士に相談されることをおすすめします。

その他法律相談

「お金を貸したのに返してくれない」「不動産契約をしたが高額の仲介手数料を払えと言われて困っている」
法律問題を個人での解決を試みると余計に拗れてしまったり、不動産トラブルは購入金が多額なため、対応を間違えれば大きく損をしてしまう可能性もあります。当事者間の解決が難しい時は法の専門家である弁護士を頼ることも検討してみてはいかがでしょうか。

ご不安なことは、なんでもご相談ください。

Q1.弁護士に依頼することなのかわからない。

A1.弁護士が依頼すべき案件であるかも含めて、相談時に判断しますので、まずは、お気軽にご相談ください。

Q2.ほかの事務所では対応できないと言われた。

A2.弁護士に依頼すべき案件なのか、当事務所で対応できる案件であるかも含めて、相談時に判断しますので、まずは、お気軽にご相談ください。

Q3.弁護士に弁護士費用が不安。依頼することなのかわからない。

A3.弁護士費用は、契約前にご説明いたします。契約書にも記載がありますので、ご納得いただくまで、ご質問ください。

Q4.どこまでの範囲を依頼できるの?

A4.事務所によって対応範囲や金額は変わりますので、どこまで対応してもらいたいかを事前にお教えください。事前に対応してほしい範囲をお教えいただければ、トラブルの防止にもつながります。

  • 日本弁護士連合会
  • 大阪弁護士会
  • 法テラス

よく検索されるキーワード

都島法律事務所|大阪市

所在地
〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町1-1-22 イズミパートセブン 5階
電話番号
TEL:06-6958-4687