都島法律事務所|大阪市 > 交通事故 > 交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット

交通事故のトラブルを弁護士に依頼するメリット

「交通事故に遭い、示談交渉をすすめているが、折り合わずに協議が難航している。弁護士に相談するべきなのだろうか。」
「後遺障害が残りそうだと医師に告げられたが、どうしたらよいのか分からない。弁護士に相談したいが費用が不安だ。」
自身が交通事故の被害に遭われた際に、このように弁護士へのご相談について、お悩みをお持ちになられる方が数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、交通事故にまつわるさまざまなキーワードのなかでも、交通事故のトラブルを弁護士に相談するメリットについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■弁護士に相談するメリットとは
交通事故のトラブルを弁護士に相談するメリットは、いくつもあります。
今回はそのうちのいくつかについて、例を挙げながらご紹介します。

 

・慰謝料額を増額できる可能性がある
人身事故や死亡事故の場合には、加害者に対して、精神的な損害についての損害賠償として慰謝料を請求できます。

 

その慰謝料の金額の算定基準は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つ種類があります。
自賠責基準は、自賠責保険による基準で、3種類の基準のうちで最も基本的な金額となっています。
任意保険基準は、各任意保険会社が設定している基準で、3種類の基準のうちで真ん中にあたりますが、自賠責保険基準とあまり変わらないというケースも少なくありません。
弁護士基準は、弁護士会が用いている基準で、3種類の基準のうちで最も手厚い金額となっています。

 

慰謝料について弁護士に相談することで、弁護士基準で慰謝料額を計算することができるようになり、慰謝料額の増額につながる可能性があります。

 

・適切な過失割合を提示できる
過失割合は、被害者と加害者の過失を割合で示したもので、これを元に過失相殺が行われ、被害者への損害賠償額が減額されます。
そのため、過失割合は非常に重要なものですが、過去の交通事故や裁判例についての豊富な知識がなければ、適切に算出することはできません。
示談交渉において、相手方の保険会社が提示した過失割合に不満がある場合には、弁護士に相談することで、より納得できる過失割合に修正できる可能性があります。

 

弁護士は、法律と交渉についてのプロフェッショナルとして、ご相談者様に最適なご提案をするのが仕事です。
交通事故のトラブルについても弁護士に相談することで、ご自身の負担を大きく減らすことができます。

 

都島法律事務所では、大阪市都島区を拠点として、大阪市、守口市、門真市、大東市を中心に大阪府、兵庫県、滋賀県周辺における交通事故についてのご相談を承っております。
「交通事故の加害者になってしまったらどう対応するのが最善なのか。」、「示談交渉後に現われた症状について損害賠償を請求することはできるか。」などのあらゆる疑問に対して、交通事故問題に精通した弁護士が丁寧に対応いたします。
交通事故に関するトラブルでお困りの際は、お気軽に都島法律事務所までお問い合わせください。

よく検索されるキーワード

都島法律事務所|大阪市

所在地
〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町1-1-22 イズミパートセブン 5階
電話番号
TEL:06-6958-4687