都島法律事務所|大阪市 > 交通事故 > 示談交渉を行うためには

示談交渉を行うためには

「加害者側の保険会社から示談金の提示があったが、とても納得できるような金額ではなかった。どうにか反論したいが、どういった準備が必要なのだろうか。」
「初めての交通事故で、心身ともに疲弊している。とても示談交渉をすすめていけるような体調ではないが、どれくらい待ってもらえるのだろうか。」
自身が交通事故の被害に遭い、示談交渉を行う段階になった際には、このようなお悩みをお持ちになられる方が数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、交通事故にまつわるさまざまなキーワードのなかでも、示談交渉ついてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■示談交渉とは
示談交渉とは、損害賠償問題について当事者同士で話し合い、合意に至ることで解決させる方法のことをさします。
示談交渉についてはあまり一般で行われているようなイメージはないかもしれせんが、交通事故問題のほかにも不法行為についてのトラブルや契約に関するトラブルなど、日常のさまざまなシーンで行われています。

 

示談交渉により損害賠償問題を解決することは、早期の解決や、十分に補償してもらいたい部分について納得できるまで主張できるなど、被害者にとっても加害者にとってもメリットがあります。

 

■示談交渉の相手
近年では、交通事故における示談交渉の相手が加害者本人ではなく、加害者が加入している任意保険会社の担当者というケースが非常に増えています。
これは、任意保険加入者の増加と、任意保険における示談代行サービスの普及が背景にあります。
こうした背景から、被害者は、いくつもの交通事故を担当してきた保険会社の担当者と示談交渉しなければならず、主張がそのまま受け入れられることは少ないといえます。
また、被害者側も任意保険に入っているため、保険会社同士で示談交渉が行われるということも珍しくありません。

 

■示談交渉を行うためには
納得できるような形で示談を成立させる交渉を行うためには、どういった点で意見が対立しやすいかを認識しておくことが重要です。
あくまで論点の一例ではありますが、多くの示談交渉の場合、過失割合について問題となることが多いといえるでしょう。

 

過失割合とは、被害者側と加害者側にそれぞれどれだけの過失があったのかを割合で示したものです。
交通事故は、加害者だけに過失があるケースのみならず、被害者にも過失があると考えられるケースも多く発生しています。
そうした交通事故における損害賠償問題を解決するために、過失割合が用いられるのです。

 

過失割合に基づき、損害賠償額が過失相殺、すなわち被害者側としては減額されるということになるため、主張が平行線をたどることも少なくないのです。

 

適切な過失割合を算定するためには、過去の交通事故と裁判例についての豊富な知識が必要となります。

 

都島法律事務所では、大阪市都島区を拠点として、大阪市、守口市、門真市、大東市を中心に大阪府、兵庫県、滋賀県周辺における交通事故についてのご相談を承っております。
「交通事故の加害者になってしまったらどう対応するのが最善なのか。」、「示談交渉後に現われた症状について損害賠償を請求することはできるか。」などのあらゆる疑問に対して、交通事故問題に精通した弁護士が丁寧に対応いたします。
交通事故に関するトラブルでお困りの際は、お気軽に都島法律事務所までお問い合わせください。

よく検索されるキーワード

都島法律事務所|大阪市

所在地
〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町1-1-22 イズミパートセブン 5階
電話番号
TEL:06-6958-4687